Top Page » ポイントの数え方

世界的スポーツテニス ポイントの数え方

世界的スポーツとして人気が高いテニスはポイントの数え方はとてもユニークで、15、30、40とカウントしていきます。この不規則なポイントのカウントの仕方に違和感を覚える人も多いことでしょう。一体なぜテニスでは、このようなカウントの仕方をするのでしょうか。

テニスのポイントは、「六分儀」と呼ばれる星の位置を測る方法から来ていると言われています。ヨーロッパではその昔、60進法が一般的だったためなじみが深かったのです。「六分儀」では、360度の円を6つに分けたものが1つの単位となっています。昔は6セットマッチでテニスの試合が行われていました。そして、1セットは全体の6分の1なので60度となり、その4分の1が1ゲームですので、60度の4分の1ということで15度、30度、45度、60度がそのまま点数となって15、30、45とカウントしていったようです。

しかし、現在は45ではなく40とカウントしています。これは45の英語の発音が長くて発音しにくいからだと言われています。またゼロのことをラブと言います。これも不思議の一つなのですが、なぜラブと言うのか確かな答えはわかっていないようです。ゼロの形に似た卵の名前から来ているという説やラブには「何もない」という意味があるからという説などがあるようです。

テニス用具