Top Page »

テニス 日本人の若手選手は期待されている

テニスボール

今までのテニスの日本人選手は1人が世界と互角に戦えるものの、その次が付いてこないという状況が続いていました。そのため、どの時代でもなかなか次につながることはなく空白期間を置いてから次世代の若手選手が出てくるような持続性に流れがありました。最近は徐々に若手選手が次々と活躍してきており、今までに比べてプロテニスの層は厚くなっています。例えば国別対抗戦でも日本は世界ランキング上位の選手を数人ケガで欠いても、ワールドグループに残留し続けているなど、たとえ上位選手がいなくても国別対抗戦でしっかりと戦える戦力は持っています。

若手選手がどんどん出てきている背景にはテニスをする環境がより整備されてきたことがあります。30歳前後の世代から全体での強化が始まり、現在でも継続されています。そして有望な選手は海外を転戦するなど若い時から国際大会で経験を積ませるようなことをしています。サッカーや野球などと違い、学生時代に誰もが目指すような大会はあまり見られません。そうしたことも日本ではなく、早い段階から海外で活躍したいと思う選手を生み出している原因と言えます。今後同じレベルの選手たちで切磋琢磨し、一緒にレベルアップをしていくのが理想形です。

テニスのブックメーカーを始めるならこちら

テニスシングルスの面白さ 日本人選手の成長

テニスラケット

近ごろでは、世界各地で熱狂的なスポーツ愛好家が試合の観戦に夢中になっています。その中でも特に安定した人気と注目を集めているのが、テニスといえます。テニスシングルスでは、熱い戦いが世界各地で繰り広げられていて、より高度なショットを決めるために多くの選手たちが血の滲むような努力を積んでいるのです。その中でも日本人選手が急速に実力を伸ばしています。手足が長く身長も高い大柄の外国人プレーヤーにも、自らの特徴を最大限に活かして正面から戦っています。

テニスはあらゆるスポーツの中でも、真摯な態度が求められる競技の一つといえます。相手選手に敬意を払いながら全力で向き合う姿勢に対して、多くの観客たちが惜しみない拍手を送って称えています。シングルスは、ダブルスと異なり自分だけの責任を背負うことになります。しかしその分大きなやりがいと歓びを感じることに結び付いているのです。試合に勝てば勝つほどランキングがアップしていきますので、目に見える成果を実感できる点も大きな魅力となっています。

このように、日本人のシングルステニスプレーヤーにとって、世界で互角に渡り合うためには日本人特有のアジリティの強さやスピードに磨きをかけることが肝心なのです。

ハードコートの規格と特徴

テニスコート

テニスコートの規格は、タテ23.77mヨコ8.23m(ダブルス時は10.97m)の長さに決められています。テニスコートには、規格が同じでも材質の異なるものがありますので、テニスの試合以外にもコートの特徴を見つけてみるのも、また違った楽しみ方の1つです。

その中でもハードコートの特徴は、セメントやアスファルトの上に化学樹脂がコーティングされて出来ていてコンクリートのように硬く、ストップ性が強いので、シューズが滑りづらいです。シューズも消耗しやすく、足もつかやすいので利用する際は怪我に気をつけるようにする必要があります。ハードコートは、文字通りのハードな表面でボールが弾むと速度を増すのが特徴でもあり、ストロークよりボレー向きです。サーブもスライスやフラットなど、球足が速く、弾まないような打ち方に向いています。

他のコートに比べても、繊維管理にお金がかからないので、手間もあまり無くリーズナブルに費用を抑えることが出来ます。そのため、世界中でもっとも普及しているコートです。そして、コートが乾きやすいので雨が降ったあとなどでも、比較的すぐにプレーすることも可能でテニスの4大大会では、全豪オープンと全米オープンに使用されています。

しかし、摩擦が多いので逆にソフトテニスでは、クレーコートよりも球足が遅くなるのであまり使われていないです。それ以外にも、クレー・砂入り人工芝・グラス・カーペットコートなど様々あります。